スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終日 

今日で冬休みも終わり・・・こんにちは精霊です。

(=゚Д゚)ノ⌒[前置き]
手が悴んでうちにくい(´・ω・`)ショボーン

さて、

先日いつもの遊び友達5人とカラオケにいってきました(´ω`*)
最近行っていないのもありちょい不安でしたが・・・
いざ歌ってみると80点台を連発ε= \_○ノヒャッホーウ
60↓はなかったですね。
しかし・・・
それでも1位になかなか勝つことができずその時点で88対86の僅か2点差。
時間も迫りもう一度86点を出した十八番で勝負!

・・・

87点!?ΣΣ(゚д゚||)ガガーン!!

この時点で負けが決定orz
自分の次にその最高得点をマークした人が歌うと87点・・・
完敗しましたウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
しかもカラオケ初挑戦の人に負けたというのが一番痛い・・・
もっと磨いて絶対雪辱戦してやるわぁぁぁ!!

そんな精霊の日記はじまります!

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。

(=゚Д゚)ノ⌒[今回のテーマ]
まぁネタもないし小説の続き。
第一話となります。

さっそく・・・

イクゾ━━━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━━━━ッッッッ!!




この小説を初めて見る方はこちらから見てください。

第一話 ~奇襲~

―――――2人は森の中を駆けるように走っていた。

しかし長剣を背負っている浅葱になかなか追いつけず緋炎は軽く息が切れかけていた。
それをチラチラと見ていた浅葱が

「緋炎遅いよー!
 ペースアップペースアップ!」

「・・・ったく何であんなに元気なんだ・・・
 体力だけはすごいんだからなぁ・・・ゼェ

「・・・!」

もうじき郷の国境を越える辺りだろうか?
2人は不意に何かの気配を感じ取った。
森の動物ではないのは確かだ。

「・・・浅葱!」

緋炎が前に向かって叫んだ。

「わかってる!」

と返事が返ってきたと同時に浅葱は木の枝の上で立ち止まった。
緋炎もそれに続いて少し離れた所で立ち止まった。

「ふぅ・・・さてと・・・何人と思う?」

緋炎がボソッと浅葱に呟いた。

「う~ん・・・たぶん10~15人程度じゃない?
 私たち2人に10人以上ってすごい奮発してるよね~」

「逆にそれくらいじゃないと不安ってことなんじゃない?」

と緋炎は軽く息を吐いた。

「早く出てきなよー私たち忙しいんだけど・・・?」

依然森は妙な静けさを保っている・・・

「ねぇ・・・どうする?」

「燻(いぶ)りだすしかないだろー・・・」

そう言って背中に掛けていた柄を取り出し白いバンドに付けていた飾り・・・
いや、槍の刃先を取り外した。
それを先ほどの柄(え)の先に取り付けた。
地面に降りた緋炎は槍を指でくるくる回しながら

「出てこないならこっちからいくぞー」

と槍を掴み直し刃を地面に突き刺したあと両手を合わせた。

「開放印 透障域(とうしょういき)!」

と言うと刃先から淡く光を放ち地面に”印式”が遠くまで広がった。

「・・・開!」

その瞬間中心から光が一気に森を走り抜けたと思うと徐々に森の木々が透けていった。

『っ・・・!!』

「・・・見つけた」

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。

第1話ここで終わりです。
んー・・・なんか無理やりかこつけたって感じですねヾ(;´▽`A``アセアセ
今回から微妙な漢字にはふりがなを振ってみました。
ってかプロローグで書き忘れた一部のものが登場しています@@;
そこはご愛嬌ってことで許してくださいorz

他は特に無さそうですね・・・?

次回は第2話 ~久しぶり~ です。
よければ見てやって下さい^^;

では~
パタパタ †_(・ω・*)β.。.:*・゚βyё☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆βyё.。

スポンサーサイト
[ 2007/01/08 14:02 ] 小説 | TB(0) | CM(4)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/01/08 22:52 ] [ 編集 ]
わくわく('-'*) それからどうしたんだ?
ここまでの感想は・・・「皆さん せっかちねぇw」
せっかちサン達はおっちょこちょいでは無いことを期待してます♪~( ̄。 ̄)
[ 2007/01/09 19:56 ] ちぇん子 [ 編集 ]
へろー(ぁ
LINK勝手に追加しときましtブフ∵(´ε(○=(・д・*)
じゃぁ課題が残ってるので(´;ω;`)ノシ
[ 2007/01/10 15:42 ] Lovin [ 編集 ]
コメントありがとうございます♪

非公開様>>何だ君か・・・@@;
てっきり小説批判かと・・・ヾ(;´▽`A``
ってか必ず勝つからなっ!
・・・同じようなこと?
( ゚д゚)?

ちぇんこさん>>わくわくしてもらえて光栄です(´∀`*)
せっかちですか・・・
一応そんなヘマはさせないつもりですw
つまらない小説ですが頑張ります!

茶屋姉>>へろーぅヽ(゚∀゚)ノ
こちらこそリンクさせてもらいますよっ!
課題・・・忙しそうだね(´・ω・`)
頑張ってね!


[ 2007/01/11 21:06 ] 精霊 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

悠@jade:精霊xx

Author:悠@jade:精霊xx
当サイトは、MMORPG「MapleStory」プレイ日記サイトです。 [NEXON GAMESにおける著作物の利用ガイドライン]に基づき、画像及び文章の再転載を禁止します。また、著作権は、すべて株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社に帰属します。当サイトはfc2ブログトップに限りリンクフリーです。
リンクをはりたいかたは「はらせろ(#゚Д゚)ドルァ!! 」とコメンツに書いていただけると怯えながらも管理人が死に物狂いではらせて頂きます。
というわけで相互リンク大歓迎です♪ィェ━━ヽ(*゚Д゚)人(゚Д゚*)ノ━━ィ!!!

そんな中の人情報。

黒豚が有名な県で生まれ有名な港町がある県に住んでいる人。

職業:ペットショップの店員さん。

年齢:20歳

性別:♂





~主張系バナー~

Mapleラブ
杏に在住
聖職者
ドラ○モンも真っ青
どう振ればいいかわかりませn(ry
乱用注意
ボス戦で役に立ってます
癒しの光
HS様々です
聖職者の証し


点取り占いブログパーツ

何て書いているかな?







最終更新 08 2/21

最近のトラックバック
♪BGM
©Plug-in by PRSU

お好きな曲をお楽しみ下さい☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。